返金方法少額訴訟>費用・お金

少額訴訟にかかる費用

基本的に必要な費用は印紙手数料切手代となります。
これらの金額は勝訴した場合、相手(被告)の負担とすることができます。



  

印紙手数料

請求額(訴額)に応じて手数料の金額が違います。尚、請求金額は遅延損害金や利息等を含めない金額です。


請求金額 手数料  請求金額  手数料
〜10万円 1千円  〜40万円  4千円
〜20万円 2千円  〜50万円  5千円
〜30万円 3千円  〜60万円  6千円

切手代

裁判所からの連絡は郵送で行われますのでその際にかかる費用です。相手の人数や書類を送る回数によって変わってきますが、大体4〜5千円程度かかります。
 
その他に弁護士や司法書士に代理人になってもらったり、訴状を作成してもらう方もいるかもしれませんが、その際にかかった費用は勝訴しても相手の負担とすることはできず、本人負担となります。

必要な費用

基本的に必要な費用は印紙手数料切手代となりますので、例えば50万円のお金を返してもらいたい場合はおおよそ1万円以内で利用できる計算になります。

少額訴訟

少額訴訟予備知識

スポンサード リンク



ページのトップへ戻る